お客様がよく見るあのサイトに広告を出せる!?ディスプレイ広告

インターネットで商品やサービスを「広く」、「濃く」認知させたい時、便利に使えるのが「ディスプレイ広告」です。

ディスプレイ広告とは

様々なウェブサイトやアプリの広告掲載枠に表示される広告です。

例えばYahoo!のニュースページに掲載されているこのような広告がディスプレイ広告と呼ばれています。

YDNディスプレイ広告

これらの広告は、Yahoo!やGoogleと提携したウェブサイト上の広告枠に表示されます。

Yahoo!、Googleのそれぞれの提携先ウェブページは数十億以上になりますので、幅広い見込み客にアプローチすることができます。

ディスプレイ広告の費用

クリック課金制と呼ばれる「広告をクリックされたら広告費が発生」という方法が主流です。

このクリック課金制は広告が表示されただけでは広告費がかからないため、費用対効果が高くわかりやすいというのが特徴です。

ディスプレイ広告の広告費は他にもインプレッション単価制(広告が表示された回数に応じて広告費が発生)という方法もあります。

いずれの課金制度でも、あらかじめ広告主が決めた予算を超えることがないように自動的に広告表示回数がコントロールされるようになっています。

ディスプレイ広告に期待できる効果

ディスプレイ広告は検索広告と異なり、「まだ『欲しい』と思っていない見込み顧客」にアプローチすることができる広告です。

例えば、趣味のガーデニングについて書かれたブログを読んでいる人に対して、そのブログページ内の広告枠にガーデニング用品の広告が表示される、といったように、広告が掲載されるページの内容に合わせて広告を表示させることができます。これを「コンテンツ連動型広告」といいます。

また、広告を見る「人」にフォーカスを合わせた広告表示させる方法として、「興味関心連動型(インタレストマッチ)広告」と呼ばれる方法があります。これはインターネットユーザーの過去のウェブサイト閲覧履歴や検索サイトに入力した検索キーワードから推測して、その人が興味を持っていそうなジャンルの広告を表示する方法です。

どちらの方法も、ウェブページを見ている人が興味を持っていそうなことに関連した広告を表示させることができるため、注目してもらいやすいという効果が期待できます。

反対に関心のなさそうな人には広告自体が表示されないため、無駄なクリックを防ぐことができ、効率よく広告費を使うことができます。

Yahoo!とGoogleのディスプレイ広告提携サイト

Yahoo!のディスプレイ広告提携サイト(一部)

  • Yahoo!ニュース
  • Yahoo!メール
  • Yahoo!ファイナンス
  • Yahoo!天気・災害
  • Yahoo!知恵袋
  • ヤフオク
  • Yahoo!スポーツナビ
  • アメブロ
  • クックパッド
  • 毎日新聞
  • 朝日新聞
  • OK Wave

など。(Yahoo!プロモーション広告サイト参照

Googleのディスプレイ広告掲載サイト(一部)

  • YouTube
  • アメブロ
  • ライブドアブログ
  • 価格コム
  • 食べログ
  • ピクシブ

など。(Googleディスプレイ ネットワークでの広告の掲載先参照

Googleはこの他にGoogle Adsenseという広告表示ネットワークも展開していて、その提携先にもディスプレイ広告が表示されます。Google Adsenseは企業の他にも個人でブログを運営しているような人も提携先になっているため、非常に多くのウェブページに広告表示が可能になっています。

ディスプレイ広告 その他の主な機能

  • 広告を表示する曜日や時間帯を設定できる
  • 広告を見てほしい人がいる地域を絞れる
  • 画像の広告の他、動画やテキストの広告も使える
  • 「過去にウェブサイトに来た人」というような絞り込みができる

ちいさな会社のためのディスプレイ広告まとめ

スマートフォンの保有率が77.5%(博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2017」)となり、多くの人がスマホから情報を収集しています。

各個人がみているウェブページは様々ですが、ディスプレイ広告を使えば「世界のインターネット ユーザーの 90% にリーチすることが出来ます」(Google Adwords

広告表示エリアは広く、ターゲットは細かく絞り込めますので、「適切な相手にしっかり届く」広告といえます。

「効果を測れる」という特徴もありますので、まずは試してみてその効果を確認すると良いのではないでしょうか。

Follow me!