ニュースレターで失客防止

お客さまと親密な関係ができていると、何度も購入してくれるきっかけになります。

お客さまの側からしても、よく知っている相手から買いたいものです。

「常連」になるのは、そのお店が好きだったりスタッフが好きだから、という理由が必ずあります。

 

ニュースレターはたくさんの人にいつでも読んでもらえて効率的

お店やスタッフを好きになってもらうには、そのキャラクターを見せなければわかってもらうことができず、好きになってもらうことも難しくなります。

来店時や接客時にわかってもらって気に入ってもらうことも大切ですが、お客さまと直接接していないときにもその関係を深めるのに有効なツールがニュースレターです。

 

ニュースレターにはキャラクターを知ってもらう情報を載せる

ニュースレターは、お店やスタッフのキャラクターを伝えるような情報や、扱っている商品に関する情報を伝えるための印刷媒体です。

ただし、DMと違って売り込みは決してしません。

例えば、お店で開かれたイベントや、スタッフの研修の様子、スタッフの個人的な趣味の話、お客さまとの間であったちょっといい話、商品を選ぶときの基準、商品が作られたときの思い、、、など、お店や商品についてよく知ってもらうための情報を載せます。

 

ニュースレターは定期的に発行し、次を読むのが楽しみになるような内容になるように心がけます。

といってハードルをあげることはなく、お客さまがまだ知らないお店のこと、商品のこと、スタッフのことを書くだけで大丈夫です。

 

ニュースレターの効果

ニュースレターの効果は目に見えてすぐにあらわれることはないかもしれません。

しかしお客さまがお店や商品、スタッフのことを知れば知るほど、他のお店や商品に浮気することがなくなっていきます。

なぜならお客さまも無意識に、「よく知っている相手から買いたい」と思っているからです。

 

ニュースレターでお客さまとの安定した関係づくり

「5%の失客を防ぐと25%の収益を改善できる」と言われています。

お客さまとの関係を深めることで、長期的に安定した仕組みをつくりましょう。

そのためにニュースレターは非常に有効な手段です。

Follow me!