もう一度接触する理由をつくろう

何度も繰り返し購入してもらうには、お客様との信頼関係を築いてファンになってもらう必要があります。

ファンになってくれたお客様は簡単には離れていきませんので、お店(会社)に継続して利益をもたらしてくれるというメリットだけでなく、お店の側もお客様のことを深く知ることによってより良いサービスができるようになり、好環がうまれます。

ではファンになってもらうにはどんなことをすればいいでしょうか。

 

繰り返し接触すると印象が良くなる

それほど好きでもなかったヒット曲が何度も耳に入ってくるうちに好きになっていた、というような経験はあなたにもあるのではないでしょうか。

人は何度も見たり聞いたりする人やものに好意を抱く習性があるそうで、心理学的には「ザイオンス効果」という名前で知られています。

先程のヒット曲の例も、このザイオンス効果が働いていると考えられます。

お店とお客様との関係も同じで、ザイオンス効果を使ってお客様からの好感度を高めることができるんです。

 

お客様と自然に接触できる方法をさがそう

お客様と接触するといっても、実際に会う必要はありません。

メールや手紙、最近だとLINEなどもコミュニケーションの手段になりますね。

心理学では、接触したときの時間の長さはあまり好感度には関係なく、接触する回数が大切だそうです。

ですからこのような通信手段で接触するのはとても有効です。

気をつけたいのが、接触する時に「売り込まない」ということです。

あくまでも信頼関係を築くことが目的ですので、あまり売り込みすぎて敬遠されてしまっては逆効果です。

売り込まずに自然に接触する方法を考えてみましょう。

例えば、

  • 来店や購入のお礼を述べる
  • 商品の使い方についてお知らせする
  • 商品について困ったことがないかヒアリングする
  • 効果的に使っている他のお客様の事例をお知らせする

また、以下はお客様に来ていただく理由として活用できそうなアイデアです。

  • お客様に何かを貸し出す → 返却する時に接触する
    例)レンタルビデオなど
  • お客様に何かを預かる → 返却する時に接触する
    例)クリーニングやボトルキープなど
  • 一度で完結しないサービスを提供する
    例)連続のセミナーや治療など

 

このように他業種では当たり前に行われている仕組みですが、それらをなんとか自分の商品やサービスに当てはめられないかを考えてみましょう。

Follow me!