売るためのメッセージの伝え方を学ぶ

商品やサービスが売れるとき、お客様には必ずメッセージが伝わっています。

売り手が発信したメッセージが伝わって、その商品やサービスを買いたくなったから買ったということです。

メッセージが伝わらなければモノを買うことはありません。

「お金をはらう価値がありそうだ」と思うからそれを買うんです。

 

売り手は、メッセージを伝える努力をしなければなりません。

「この商品はあなたをこんな風に幸せにします」というメッセージを送るのです。

それが伝わり共感したとき、お客様はその商品をほしいと思うのです。

 

多くの場合、メッセージを伝えるには言葉が必要です。

ビジュアルや音で伝えることもできますが、例えば商品の信頼感や安心感を言葉なしで伝えるのは困難な場合が多いでしょう。

 

商品の魅力や価値に気づいてもらうために書く文章を「セールスコピー」と言います。

そして、そのセールスコピーを書く技術のことを「セールスライティング」といいます。

「セールスコピーライティング」と言われることもあります。

 

「セールスコピー」のできばえで商品の売れ方が変わります。

2種類のセールスコピーがあるなら必ずどちらかが売れる文章で、どちらかが売れない文章になるということ。

 

文章の出来が悪ければ、「良い商品でも売れない」ということになってしまいます。

 

セールスコピーを見直しましょう。

セールスコピーのスキルを磨きましょう。

Follow me!