効果がでないチラシやランディングページのよくある3つの間違い

チラシやランディングページには次の3つの要素が必要です。
一つでも欠けるとほぼ効果が得られません。

効果がでないチラシやランディングページがよく間違える3つのポイント

1.キャッチコピーが刺さらない

一瞬で「自分のことだ」と思えるようなコピーじゃないとスルーされます。
皆、忙しいんです。ほとんど無意識でスルーされます。
「自分のことだ」と思わせるには、その人にむかって語りかけることです。
「みなさん!・・・」では誰も振り向きませんが、「3歳以下のお子様を幼稚園に預けて働いているお母さん!・・・」なら振り向く人はかなりいます。
たとえ条件に当てはまらなくても、小さい子どもを育てている最中の方が興味を持ってくれる確率が高まります。
ターゲットは広くしたくなりますが、実は効率がいいのはターゲットを絞ってまずは聞いてもらうことです。

 

2.共感できない

誰もあなたの商品に興味はありません。
興味があるのはその商品を使った結果得られる満足感です。
それを使うとどんな気持ちになるのか。それを詳しく伝えましょう。

 

3.行動を起こしてほしいと伝えていない

最後まで読んで、次に何をしてほしいのか伝えていなければ行動を起こしてもらえません。
メッセージを読んだ直後の一番気持ちが高まっているときに次の行動を起こしてもらいましょう。
「今すぐ申し込みを!」「ご購入はこちらから」「ご予約ください」など。

Follow me!