ビジネスブログを自社サイトに置くべき3つの理由

ビジネスブログを運用されている企業も多いと思います。

その目的としては、新規のお客様に商品やサービスを理解してもらう、とか、既存のお客様に対して商品のより深い説明を提供する、または、会社の考え方や思いを発信してブランドのイメージをつくる、というようなことがあるでしょう。

SNSとはまた違い、ある程度まとまった文章や画像で伝えられるのが魅力ですね。最近は動画を埋め込むという手法も身近になってきました。

そのビジネスブログですが、その仕組というか、運用スタイルが大きく2つに別れます。

ひとつは自社で初めから作った「自社ブログ」、もうひとつがブログの仕組みを外部サービスに借りて運用するタイプの「無料ブログ」です。

無料ブログはメールアドレスの登録程度で簡単に使い始められて便利ですが、長期的に考えると重大なデメリットになってしまう場合もあります。

私はクライアントには「絶対に『自社ブログ』で運用してください」とお願いしています。

その理由を3つご紹介します。

1.無料ブログの記事は検索結果に表示されにくい

検索結果の一覧は、同じドメイン内のウェブページを多数表示しないように調整されています。(ドメインの多様性)

ですから、例えば無料ブログサイトでブログを運営していても、同業他社が同じような話題の記事をおなじ無料ブログ内で書いていると、その記事よりも評価されやすい記事でないと検索結果に表示されることがなくなってしまいます。

ほとんどの場合、同業他社が1社だけということはないと思いますので、その競争率は非常に高くなります。

一方自社ブログ(=独自ドメインで運用)は、自社ドメインの中での競争を気にする必要がありませんので、無料ブログよりも検索結果に表示される可能性は高くなります。

2.自社ドメインの価値が高くなる

検索エンジンからみると、ドメインにはそれぞれ異なる価値があります。

古くから使われているドメイン、情報をたくさん抱えているドメイン、特定のジャンルに特化したドメイン、、、など、「どのドメインがどんな情報を持っているか」を認識して検索結果に反映しているのです。

自社ブログで特定のジャンルの情報を長期間に渡って更新・蓄積していけば、その評価も徐々に蓄積され、将来的にドメインの価値を高めることができます。

一方、無料ブログでブログ記事を投稿した場合、「その記事の価値」は、その「無料ブログのドメインの価値」に結びつけられるため、どれだけ優れた記事を投稿しても自社に将来的な価値を還元することができません。

3.自社の想定する導線を作りやすい

無料ブログのデザインやレイアウトは、きれいなものやカッコイイものを簡単に選べて便利です。

しかし、ページ内には広告が表示されたり、無料ブログの他の関連ページへのリンクがあったりで、自由にならない部分があります。

ブログ記事を読んでもらう理由は、そのユーザー(見込みのお客様)により深く自社の商品やサービス、または自社の考え方を理解していただくためです。

ですが、広告が表示されたり、場合によっては同業他社のブログ記事へリンクがはられたりしてしまい、ユーザーを逃してしまうことになりがちです。

自社ブログであれば、興味のありそうなページをたくさん読んでいただけるような導線設計も自由に作っていくことができます。

 

まとめ

ほかにも、ドメインをまたぐアクセス解析が複雑になりがち、バックアップが取りやすい、というような技術的な理由もありますが、大切なのは上記の3つです。

ブログの記事は日々積み重ねられてこそ価値が高まります。

そしてそのひとつひとつの記事は自社のスタッフが時間をかけて生み出しているものです。

記事一つをつくるために調べたり推敲したりして時間をかけているのです。つまり、お金がかかっているのです。

そのようにして生み出された価値ある記事を、自社の資産として余すところなく活用するには、自社ブログとして運用するべきです。

既に無料ブログで運用されている方は、過去の記事を移行させられる場合もありますので、是非、自社ドメインの中で運用できるようにしましょう。

Follow me!